ホーム » 目的別に選ぶ » おまとめローンで一本化したい

おまとめローンで一本化したい

複数のところから借り入れを行っていると、返済が厳しくなります。月に数回返済期日が来るので、返済のペースも短くなります。その分、お金の調達も難しくなるでしょう。もし複数から借り入れをしている人は、おまとめローンにすることをお勧めします。
一旦おまとめローンで借り入れをして、そのお金を使って、今借入をしている消費者金融のお金を完済します。そしておまとめローンで借り入れたところだけに返済をします。こうすると、月1回の返済にできるので、お金の確保も簡単になるメリットがあります。

おまとめランキング

1位:プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスが運営している消費者金融で、イメージキャラクターの森カンナさんははCMや中吊り広告などでもお馴染み。コンビニやATMでも返済が出来るのも便利な点。今なら嬉しい30日間の無利息融資!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

実質年率 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分
融資スピード 担保・保証人 パート、アルバイト
審査後スグ(平日14時までにWEB契約完了が必要) 不要 ご利用可能

2位:SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットの消費者金融で、個人でも最高800万円まで借入可能。カード申込みから契約完了まで全てオンラインで完結するので、来店の必要がないのも嬉しい。※10秒簡易審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

融資利率 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 1~800万円 最短即日
融資スピード 担保・保証人 パート、アルバイト
最短即日
14:50までの振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有。
不要 ご利用可能
※安定した収入がある方

3位:アイフル

長い歴史をもち、最近は「ホッ」のテレビCMでお馴染み。電話対応の親切さに定評があり、初心者でも安心できます。来店不要、ネットで契約完了なのも嬉しい!

融資利率 借入限度額 審査時間
5.5%~18.0% 1~300万円 最短30分
融資スピード 担保・保証人 パート、アルバイト
1時間 不要 ご利用可能

どこの金融会社で借りたらいいか一目瞭然!あなたに最適な会社を診断!

1、消費者金融の借入歴(必須) 初めて       利用したことがある
2、予定ご利用金額(必須) 10万円以上    10万円未満
3、予定ご返済期間(必須) 30日以内     30日を超える
4、その他(何個でもOK) 即日OK   無利息キャンペーン   女性専用  おまとめローン

※本サイトのデータ及び記載内容によるお客様やその他の第三者に生じた損害、その他不利益については一切責任を負いかねますことをご了承ください。

賃金業法改正後の影響

消費者金融業界に大きな影響が出ています。クレジット業界では、出費法改正による、上限の金利引き下げ。この規制の導入により、すべてのクレジットカード、キャッシング、ローンなどの合計が年収の3分の1までとされることになりました。但しローンについては、無担保ローンがこの規制に該当し、住宅ローンや、銀行からの借入やクレジットカードで買物した場合は、該当しません。

すでに年収の3分の1の残高がある人は、キャッシングができなくなりますが、例外もありまして、その1つとして、毎回の返済額や総返済額が減少して、保証と追加担保がなしという場合です。また、収入のない専業主婦などはどうなるのかといいますと、今までとは違って、借入が困難です。その場合は、あらゆる書類、例えば、婚姻証明や夫の同意書、年収を証明する書類などが必要となります。

大手の消費者金融会社の中には、このような書類を確認するための事務処理が増えてしまうので、収入のない専業主婦などへの、新規の融資を中止しているところもあるぐらいです。賃金業法改正後の影響として深刻な問題となり心配されるのが、このように借りられず困る人が多く出てきた場合に、ヤミ金融業者が流出することです。また、急な出費のためにクレジットカードでお金を借りていた専業主婦にとっても、借入ができないということはかなり深刻な問題となっています。それらの専業主婦の中には、お金の工面が大変なため、風俗店で働きたいという主婦も増えているそうです。また、ショッピング枠も使い果たして、返済できなくなってきている人達が増えてきていると考えられるため、カード現金化業者の利用者は減少しています。

賃金業法改正後の中小企業への影響としましては、すでに述べましたが、中小企業におきましても、借入の残高が収入の3分の1を超えた場合に、賃金業者からの新規借入が不可能となり、資金調達が困難なため、倒産が増えたりしています。またこれにより、さらなるヤミ金融との関わりが増加が心配されています。