ホーム » コラム » 借金返済ストーリー3

借金返済ストーリー3

借金と聞くと悪いイメージを持つ人が多いと思いますが、借金にも様々な種類があると思います。本当にお金が無くて借りるパターンもあれば、返す気も無く、ギャンブル等のためにするパターン、家や車等の高額なものを買うときに組むローンも借金のひとつです。それぞれ、返済の仕方も違うと思います。

毎月毎月確実に返せるのが一番ですが、うまくいかない場合もあります。例えば、今月は無理でも来月は確実に返せるという場合なら、素直に延滞するのが賢明です。もし、次月以降も返済できるお金が無かったり、返済できる自信が無い場合は、すぐに司法書士や弁護士等の専門家に相談するのが賢明です。相談自体にお金はかかりませんし、もし、法律上返済が終了していたら返ってくる場合もあります。

他にも、一箇所だけでなく、いくつかの金融から借りていて、返済金が足りない場合について考えてみましょう。例えば、A、B、Cの三社から3万円、2万円、5万円を借りているのに、今月は返済に当てられるお金が5万円しかないとします。延滞件数を減らそうとすれば、A社とB社に返し、C社には待ってもらう場合は、催促されるのはC社からのみになります。

しかし、金融会社は入金が全く無いということをとても嫌がります。だから、この場合、A、B、Cすべての金融会社に事情を説明し、半額ずつ支払うのが賢明です。すると、入金が少しでもあること、連絡をきちんとしたということで、その後に催促を受けることがなくなるからです。

もし自己破産等の債務整理をした場合、本人は楽になるかもしれませんが、返済できることを信じて保証人になってくれた方に責任が行くだけで借金自体はなくならないのです。どうしても返済が苦しい場合、弁護士や司法書士に相談すると同時に、保証人にも事情を説明し、一緒に任意整理手続きをするなど、自己判断ではなく専門家を交えて検討するのが賢明です。

この他にも様々なパターンがありますが、まずは自分にあった金額で借金をすること、返済プランを立てることがもっとも大切です。

どこの金融会社で借りたらいいか一目瞭然!あなたに最適な会社を診断!

1、消費者金融の借入歴(必須) 初めて       利用したことがある
2、予定ご利用金額(必須) 10万円以上    10万円未満
3、予定ご返済期間(必須) 30日以内     30日を超える
4、その他(何個でもOK) 即日OK   無利息キャンペーン   女性専用  おまとめローン

※本サイトのデータ及び記載内容によるお客様やその他の第三者に生じた損害、その他不利益については一切責任を負いかねますことをご了承ください。